「(続)歴史研究者のためのPython勉強会」開催のお知らせ

久しぶりの投稿になってしまいましたが、告知をいたします。

 

9月に3回開催いたしました「歴史研究者のためのPython勉強会」を、定例開催する運びとなりました!以下に詳細を記します。

 

日時:10/11(水)から、毎週水曜日15:00~16:30

(※11/15、12/27はお休みとします)

共催:Historians’ Workshop, Tokyo Digital History

場所:東京大学小島ホール第3セミナー室

(※eduroamが入りますので、wifi環境のご準備をお願いします)

教材:『退屈なことはPythonにやらせよう』、PythonクイックチュートリアルThe Programming Historian言語処理100本ノック

(※基本的には、『退屈~』をベースに進めます)

進め方:1週間に教材1章分の予習+当日に演習問題の確認および実習+既習の方には関連する演習問題

例題イメージ:

  • Yes/Noアンケートの作成で学ぶフロー制御
  • 史料や文献の書誌情報の出力で学ぶ関数定義
  • 刊行史料のテキストを用いたテキスト解析
  • 地理情報を取得して表形式データに変換し、マッピングツールで可視化する
  • 歴史学データベースからWEBページを取得し、特定の情報を抽出
  • 表形式のデータをJSON, XMLなどに変換して、ネットワークや階層の形でデータを可視化する

初回の内容:環境設定および『退屈~』の第1章の学習+関連する演習問題

備考:参加をご希望される方は、小風尚樹までご連絡をいただければ幸いです。

 

それでは、よろしくお願いします!なお、違うワークショップも企画中です…。

広告

「歴史研究者のためのPython勉強会」お知らせ

かねてよりお知らせしておりました「歴史研究者のためのPython勉強会」ですが、開催詳細が決定いたしましたので、正式にお知らせいたします。

「歴史研究をひろく日本社会と世界に発信するための拠点を形成」するHistorians’ Workshopとの共催という形で開催する運びとなりました。

 

日時

9/14・21・28(木)の9:30~12:30

進捗に応じて、予備日を設けるかもしれません。

開催場所

東京大学大学院経済学研究科 学術交流棟 (小島ホール)1階 第1セミナー室

教材・進め方

オライリーブックス『退屈なことはPythonにやらせよう

この本の中から、参加者の関心などに合わせて対象を絞り込みます。

参考までに、目次情報と扱おうと思っている章を強調しながら載せておきます。

続きを読む »

「歴史研究者のためのPython勉強会」のお誘い

少し時間が空いてしまいましたが、ブログの前回の記事でも紹介したプログラミング言語Pythonの勉強会を開催したいと思います。初~中級者を対象にしたいと思います。もちろん上級者も大歓迎です。

参加申し込みに関して詳しくは、以下のGoogleフォームに入力をよろしくお願いします!

続きを読む »

「歴史研究者のためのプログラミング勉強会」はじめました

前回の投稿からずいぶんと間があいてしまいましたが、その間取り組んでいたことと言えば…

歴史研究者のためのプログラミング勉強会

の企画・準備・試験的スタートでした。

(前回のシリーズものの記事の最後は、実はかなり大きな問題でして、ちょっと後回し…)

 

実はこの6月から、拙稿「歴史研究者のためのデジタル道具箱」でも取り上げたような、 歴史研究者にとって有用なデジタルツールや情報通信技術の利活用の可能性を探るためのプログラミング勉強会を始めました。

これまで、Programming Historianのレッスンやデータ・ ビジュアライゼーションの諸ツール、 webデータ取得のための基礎技術などを扱ってきました。ラインナップは…

続きを読む »