「(続)歴史研究者のためのPython勉強会」開催のお知らせ

久しぶりの投稿になってしまいましたが、告知をいたします。

 

9月に3回開催いたしました「歴史研究者のためのPython勉強会」を、定例開催する運びとなりました!以下に詳細を記します。

 

日時:10/11(水)から、毎週水曜日15:00~16:30

(※11/15、12/27はお休みとします)

共催:Historians’ Workshop, Tokyo Digital History

場所:東京大学小島ホール第3セミナー室

(※eduroamが入りますので、wifi環境のご準備をお願いします)

教材:『退屈なことはPythonにやらせよう』、PythonクイックチュートリアルThe Programming Historian言語処理100本ノック

(※基本的には、『退屈~』をベースに進めます)

進め方:1週間に教材1章分の予習+当日に演習問題の確認および実習+既習の方には関連する演習問題

例題イメージ:

  • Yes/Noアンケートの作成で学ぶフロー制御
  • 史料や文献の書誌情報の出力で学ぶ関数定義
  • 刊行史料のテキストを用いたテキスト解析
  • 地理情報を取得して表形式データに変換し、マッピングツールで可視化する
  • 歴史学データベースからWEBページを取得し、特定の情報を抽出
  • 表形式のデータをJSON, XMLなどに変換して、ネットワークや階層の形でデータを可視化する

初回の内容:環境設定および『退屈~』の第1章の学習+関連する演習問題

備考:参加をご希望される方は、小風尚樹までご連絡をいただければ幸いです。

 

それでは、よろしくお願いします!なお、違うワークショップも企画中です…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中